logo

ソフトウェア 保守 インシデント

なるべく多くの故障を発見してソフトウェアの欠陥を特定して修正する 4. テスト実行前作業 1. NTTデータ先端技術、ハードウェア保守のインシデント管理をオンプレミス型システムからクラウド型Zendeskに刷新 株式会社Zendesk. 責任割当 p.

担当者のみに属人化していると、思い込みによって明らかな間違いにも気づかないことがある 2. インシデント管理のプロセスには「インシデントレポートの状態遷移に着目したプロセス」と「ワークフローに着目したプロセス」の2つがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、ここではインシデントレポート状態遷移に着目したプロセスをご紹介します。 インシデントレポートの解決に着手したことを表します。 インシデントレポートの内容を分析し、必要な担当者にレポートを割り当てて修正を行います。 開発担当者がインシデントを調査できない内容(情報不足や、誤った情報)だった場合にはレポートを却下します。 問題箇所の修正が完了したら、インシデントが再発しないか確認のためのテストを行います。 確認のためのテストが失敗した(問題が解決されなかった)ときは、テストの失敗として、担当者へと差戻します。 確認のためのテストに問題がなく、インシデントは解決されたと判断した場合、インシデントレポートをクローズします。. 各テスト工程でテスト対象がちゃんと定義されている 3. 保守の場合、トラブルの対処レベルが2つに分かれるよなぁと漠然と思った。というのもcloseされていないチケットが大量にあるのは、トラブルに対して対処していないと単純に取られる場合が多い。実際は業務に影響の無いように対処・復旧済みの場合が殆どなのだが、根本的な対策を施してい.

境界値分析だったり、デジションテーブルとかいろいろ 5. 非機能テストのモデル 2. 株式会社Zendeskのプレスリリース(年11月10日 10時00分)NTTデータ先端技術、ハードウェア保守のインシデント管理をオンプレミス型システム. ソフトウェアシステムを実際に使うユーザやテスト担当者が期待する動きと、実際の動きが一致しない事象のこと 2. レビューの種類 3. ユースケーステスト 5. テスト対象(なにをテストするか) 1. ソフトウェア 保守 インシデント ツールによる環境 1.

性能テスト 2. = テストケースを書く 6. 5 ソフトウェア 保守 インシデント 〜テストで考慮すべき2つのリスク〜」では、そもそもテストにおけるリスクの定義から、プロジェクトリスクとプロダクトリスクの詳細について解説しました。. ストレステスト(要件で定義した限界またはそれを超える条件で評価する) 2. 基本フロー 5. 同じ会社内にある独立したテストチーム。上管理者の直属組織 2. 開始前に目的を明確に 4.

テスト手順仕様を定義する 4. ライフサイクルモデルの中でのテスト ソフトウェア 保守 インシデント 3. 別紙3 業務アプリケーション保守作業一覧 分類 作業 作業概要 対象 ※対象は、設計・開発業者が作成した納品成果物です。 1 障害対応 障害調査 アプリケーション保守業者は、問題及びインシデントについて、調査及び対処方法(暫定措置・恒. 非公式レビュー 3. 非機能テストは機能以外がすべてが対象になる 2.

改善・変更は「保守」と覚えよう 「保守」と「運用」の違いは混同されやすい性質を持っています。例えばあるアプリケーションが不具合を起こした時、その復旧作業は保守なのか運用なのか、聞かれるとふと考えてしまうのではないでしょうか。. 機能が仕様どおりに動作するのか 2. 機能テスト ソフトウェア 保守 インシデント 1. ユースケース名 5. OSS (オープンソース・ソフトウェア) は社内基幹システムやインターネットサーバのインフラ環境構築には欠かすことの出来ないものとなっています。しかし、次のような課題を抱えている企業が多いのも現実です。. 運用・保守プロセス 本章において、運用・保守サービスを遂行するうえでのプロセスに関する要件を記 載する。 2.

状態遷移テスト 4. ユーザビリティテスト(ユーザにとって魅力的かどうか) ソフトウェア 保守 インシデント ソフトウェア 保守 インシデント 2. 分析と設計 3. 非機能テストの適用対象 2. 静的解析と動的解析の違い 1. レビューを成功させるために 4.

SUPPORT運用・保守 ICTのプロがトータルサポート 複雑化するシステム運用を統合的にサポートし、安心・納得のできるサービスをご提供します。 ソリューション ソフトウェア保守お客様に納入した受託開発ソフト、パッケージソフトなど、ソフトウェアに起因するトラブルを未然に防ぎ、障害が. AppleCare OS Supportプランは、異機種環境への統合、システムコンポーネント、ネットワーク構成や管理、プロ向けソフトウェアアプリケーション、ウェブアプリケーションやサービス、コマンドラインツールを必要とする技術的な問題を解決するためのサポートなど、エンタープライズレベルの. 非機能テスト 2. 人間の勘違い、思い込みなどがソースコード、ソフトウェア、ドキュメントの欠陥となる 2. 各テストレベルで押さえておくべき事柄は以下 1. 発生したすべてのインシデントを報告するドキュメントを「インシデントレポート」と呼びます。 インシデントレポートを作成する目的には、以下のようなものがあります。 特に、開発に対してインシデントの情報を提供するというのは分かりやすい目的だと思います。インシデントがバグや欠陥に結びついていないか調査し、もしバグや欠陥であった場合には修正してもらう必要があるからです。 また、インシデントレポートはテスト管理者にとっても重要な情報を提供してくれます。インシデントの数や状況によりテスト対象の品質が分かり、同時にテストの進捗やその後の実施計画の判断材料にもなるためです。 インシデントレポートには、以下の項目を記載しておくことで管理に必要な情報が網羅できるようになります。 それぞれ、どのようなことを記載すればいいのか見ていきましょう。 インシデントレポートに付ける文書番号のことで、あとから参照できるように一意で管理されている必要があります。 発生したインシデントの内容を簡潔にまとめます。ここまでは、実際に修正などを行うひと以外も目を通すことを意識しておきましょう。 ここからはインシデントを実際に修正する人が見るため、できるだけ詳細にインシデントの内容を伝える必要があります。ログの作成日時から、作成者や現在のステータス、インシデントを検出したテストとの紐付け、期待した結果と実際の結果、その他にもインシデントを検出したテストアイテムの情報なども記載しておくといいでしょう。「よくわからない現象」について的確に伝えることが重要です。 影響範囲には「どのインシデントから解決すべきか」を判断するための大変重要な情報が揃っています。まずインシデントの範囲や重要度、優先順位があります。次にステークホルダーに対してどのような影響を与えるのか。最後に他の機能への不都合やバグを引き継ぐことがないかです。. 境界値は、同値分割した領域の端の値 3.

状態によって出力結果が変わる場合にやる 5. ステートメントカバレッジ 6. テストレベルのテスト分析や設計は、対応する開発活動を実施している間に実施すべきである 3. See full list on conversion.

コンポーネントやシステムで、機能に関係しない特性を検証する 2. プロダクトの内部構造には詳しいが、独立性低い。品質以外の要求の圧力を受けるため 2. NTTデータ先端技術は、スピードが要求されるハードウェア保守のインシデント管理に、Zendeskのカスタマーサポートソフト「Zendesk Support.

間違った結果を生み出す人間の行為 2. 信用の失墜 1. テスト条件を決定し、テストを設計する 3. 分岐をどこ程度網羅したか 経験ベースのテスト技法 8. 効率的で合理的なテストを実施するためにはテスト計画が欠かせません 1. Apache HTTP Server、nginx.

モジュール、オブジェクト分析 5. 計画(いつまでにどのような作業を実施するのか) 1. ロードテスト(負荷を増加させたり) 2. アプリケーション保守にあたって、 1. 投稿日:年10月12日 更新日:年12月4日 前回の「テストの管理Vol. テスト条件を決定し、テストを設計する 4. 欠陥の作り込みの防止 4. ソフトウェアの欠陥に関連する用語4つ 2.

静的技法は内部構造の欠陥を容易に検出できる。ソフトウェアの構造上の欠陥を検出することが目的 4. 備考 構造ベース、ホワイトボックステスト技法 6. 静的テストと動的テストは方法は違えど目的は同じ 4. 14 hours ago · インシデント・事故 記事一覧へ 三菱パワーにマネージドサービス経由で不正アクセス、ソフトウェアの脆弱性突かれる 保守作業中に保守用端末へ不正アクセス、日本医療研究開発機構の人事情報1,400件流出の可能性. ソフトウェアが期待通り動かないことによる不都合 1. ブラックボックステストは外から見える振る舞いに着目する 1.

各テストレベルにはそのレベル特有の目的がある 3. ソフトウェアを実行して動きを確認することだけが「テスト」ではない。 1. ほとんどのApple製ハードウェアには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついてい. JSTQBではブラックボックステスト/ホワイトボックステストの2つの分けではなく、経験ベース/仕様ベース/構造ベースの3つに分類する 2. テスト実行後 3. ここまで、テストにおけるインシデントと、インシデントレポートを用いた管理方法についてご紹介しました。 弊社は、webサイトやスマホアプリ、クラウド製品、業務システムなどのソフトウェアにおけるテスト・検証を支援する、第三者検証サービスを提供しております。テスト管理に限らず、テスト・検証に関する課題がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 【参考文献】: 『ソフトウェアテスト教科書 JSTQB Foundation 第3版』.

See full list on qiita. 要求された機能をコンポーネントまたはシステムに果たせなくする、コンポーネントまたはシステムの不備 2. テストベース(テストケースを導き出す際に参考にする開発成果物) 1. プロトタイピングとかXPとかスクラムでテストコードを先に書いたりとか 3. どの条件の組合せがどの処理や動作に対応するのかわかりやすく 4.

全てのデータでテストしない 1. 担当者 : 「以上でサポートを完了し、1インシデント消費させていただきますが、よろしいでしょうか?」 お客様 : 「はい。」 サポート完了(1インシデント消費) *2 『SS21/SoilBase』はSS21 シリーズソフトウェア年間使用・保守サービスに含まれており. テスト対象のコード中の全ての判定の結果のうち、テストによって何%実行されたか 7. モデレータが主導 3. 同じ開発プロジェクト内の独立したテストチーム 1. See full list on fujitsu.

対象ソフトウェアの品質レベルが十分であることの確認 4. 時間の浪費 1. ソフトウェア保守サービスの内容 フリーコール、FAX、e-mail によるお問い合わせ窓口をご利用いただけます。 電話回線の電話番号および対応時間等の詳細は、サービス登録後の完了画面に表示、または自動送信される完了メールに記載されております。. インシデント制の場合、一般的には、解決した件数によって料金が変わります。 例えば「10インシデント(10件の問題を解決する)までは無料だけど、それ以降は10インシデント毎に100円の料金が発生」のような形ですね。 出来高払いに近いイメージです。. 同値分割法 1. ホワイトボックステストは内側での動作に着目する 2.

計画とコントロール 2. あるプログラムを実行した際に、実行すべきこと(あるいは実行してはならないこと)が正しく実行できず、故障がおきること。期待した機能、サービス、結果を提供できないこと 2. テスト条件の選択(何をテストするのか) 1. テストケースを定義する 3.

システム運用管理ならNRIの長年にわたるデータセンター運用を基に開発され、運用ノウハウが凝縮された「Senju Family」。. 各種の成果物を人力で 5. インスペクション 3. 1 ソフトウェア 維持管理保守 維持管理保守 ・ヘルプデスクからの対応依頼に対し、調査及 び回答の作成 ・トラブル対応におけるプログラムの作成、修 正及びテスト ・保守作業に伴うマニュアルへの影響を調査、 作成及び修正 2 ソフトウェア 変更保守. 受け入れテストなどテスト工程の後半で実施すると思われがちだが、コンポーネントテストや統合テスト(結合テスト)でもやる 2. 資産とドキュメントの整合性が取れているか不明である などの課題に対して、お客様からアプリケーション資産を提供していただきドキュメントを出力するサービスをご用意しています。 対象言語は、C/C++、Java、VB、Cとなります。 当サービスは富士通ソフトウェアテクノロジーズにて提供しております。 詳細は以下の「製品・サービスのお問い合わせ窓口」にて、お問い合わせください。 富士通ソフトウェアテクノロジーズ 製品・サービスに関するお問い合わせ」はこちら.

テストの目的 4. テストではまず、何を検証して評価すべきか、すなわち「テストの目的」を明らかにする 3. ソフトウェアの内部構造を意識して実施されることが多い 3. 相互運用性テスト 2. デジションカバレッジ 7. ・運用・保守で使用しているドキュメントおよびツール 2. NTTデータ先端技術、ハードウェア保守のインシデント管理をオンプレミス型システムからクラウド型Zendeskに刷新 年11月10日 10時00分更新 文.

実装と実行 4. ソフトウェア 保守 インシデント インシデントの原因は障害だけではありません。 例えば「プリンタに出力できない」というインシデントの原因が、紙切れやトナー切れである. !制約条件や事前条件ではない! 4. 生産性の向上、開発期間の短縮、システムのライフサイクルを通じたコストの削減、欠陥の数を減らす 5. ビジネスシナリオやシステムの使い方に沿ってテストする 5. インシデント・事故 記事一覧へ 三菱パワーにマネージドサービス経由で不正アクセス、ソフトウェアの脆弱性突かれる 保守作業中に保守用端末へ不正アクセス、日本医療研究開発機構の人事情報1,400件流出の可能性 機能、構造的要素(←静的解析で見るのかも?)、トランザクション、品質特性、等 4. 後工程で発覚した不具合を改修する際の追加工数 2. 各開発活動に対してテスト活動がある。各工程とテスト活動がしっかり対応している 3.

人の問題や心理も重要な要素 4. レビュー結果と評価は関係ない 4. 別紙2.運用・保守サービス仕様書 - ソフトウェア 保守 インシデント 2 - ・運用・保守で使用しているドキュメントおよびツール 2. 用語「テスト条件」はテストの目的に応じてどのようにテストを割り付けるのか決めるもの 4. 実行可能なステートメントが何%実行されたか 7. 静的技法と動的技法がお互いに不足している点を補っている 4. ウォークスルー 3. テストの設計 4.

欠陥の検出 4. 環境要因だったり、テスト担当者の勘違いということもあるので、「インシデント」≠「故障」 2. 意思決定のための情報の開示 4. チェックリストを作ったり 3. 「アプリケーション保守サービス」個別見積商品となっております。 お客様のアプリケーション資産規模、利用されるサービスレベルにより異なります。 富士通または販売パートナーの担当営業までご相談ください。 担当営業をご存知ないお客様は「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。.

特定のアプローチ 1. 4-1 システム保守の指標 373 第4章 保守・運用 第1節 システム保守の指標 本節は、JUASの16年度の研究部会活動において、システムライフサイクルの1プロセスである. 終了基準の評価とレポート 5. インスペクション等のレビュー 4.

ソフトウェア 保守 インシデント テクニカルレビュー 3. あまりできていない印象 3. 境界値分析 2. 例外フロー 5. テストケースの設計 2. 経済的損失 1. 有効なデータ、無効なデータのグループを作る 2.

テスト実行時の作業 2. 代表的な分けはブラックボックステストとホワイトボックステスト 1. テストプロセス全般の全体像がわかる 2.

実行結果の確認、テスト終了基準の検証、テスト結果の報告 3. テスト条件にどのテスト設計を適用するのか選択、決定していく 4. 構造分析、複雑度分析 4. 欠陥がみつかることは歓迎すべきこと 4. ドラフト版でもいいのでなるべく早い時期に行なっていたほうがいい 3. テストケースを定義する 5. See full list on webrage. インシデントとは、状況や立場によってさまざまな定義に分かれますが、テストにおけるインシデントとは、JSTQBでは以下のように定義されています。 では、具体的に「調査が必要なもの」とは、どのようなものを指すのでしょうか。それは「期待した結果と異なる結果が得られたもの」を指します。また、インシデントと聞くと「バグに結びつく危険な存在」として認識されがちですが、あくまでも調査が必要なものであり、それ自体が悪い存在というわけではありません。 また、インシデントはテストだけでなく、開発段階からレビューの段階、そして実際に稼働している最中にも発生するものです。ここで見落としがちなのが、インシデントとはソフトウェアの挙動やソースコードの欠陥として現れるだけでなく、開発やテストのドキュメントといったテキストの中でも発生しうるものです。 なぜテストにおけるインシデントには管理が必要なのでしょうか。まず、テストでインシデントが発生した場合、速やかに調査をおこない、それらがバグや欠陥に結びついていないか確認する必要があります。そして、それらがバグや欠陥と認識された場合、修正の対応が必要になります。そうなった場合、最初にインシデントが見つかってから、バグが修正されるまでの間、すべての情報にアクセスできる状況を作っておく必要があります。そのために管理が重要なのです。 テストにおけるインシデント管理のステップは、概ね以下のようになっています。 インシデントを管理するためには、発生したインシデントをすべて記録しておかなければなりません。しかし、このときに意識しなければいけないのが、インシデントを記録するのはテストを担当する人だけではないということです。 開発段階で見つかればエンジニアから、リリース後に見つかればユーザーや顧客からインシデントを記録することになります。そのため、インシデントがすべてソースコードの欠陥になるかというとそうではありません。.

チェックリストを使う 4. 作成者がレビューを主催 3. コードを実行したり、テスト対象を動作させてなくても実施できる 2. イテレーティブ-インクリメンタル開発モデル 2. 自動化など。資産化する。次回以降のテストに活かす 4. 保守性テスト 2.

どんなモデルを用いようが、良いテストは以下を満たしている ソフトウェア 保守 インシデント 3. テスト対象やテスト条件に対する要件、仕様を元に作る(みんなよく作っているやつ) 2. ドキュメントに不足がある 2. 製品がリリースされるまでのテスト 4. テストの標準文書のドキュメント体系「IEEE829」 1. 動的テストは欠陥によって引き起こされる現象(=故障)を見つけるが、新の原因=欠陥にたどり着くまでに時間やテクニックが必要。そのための時間もかかる 2. 使用できる技法 2. 代替フロー 5.

非難しないように 4. 技術のエキスパートが参加する 3. 傷害や死亡事故 2. テストで見つかる典型的な欠陥や故障 1. 計画して役割を明確にしてやる公式レビュー 3. 信頼性テスト(任意の運用回数、期間、条件下で必要な機能を果たせるか) 2. 自分で作ったものの間違いは見つけづらい → JSTQBでは独立したテストチームがテストを実施することを推奨している ※組織の例(一部)↓ 1. パフォーマンスとかユーザビリティとかセキュリティ脅威とか 2.

テスト手順仕様を定義する 6. デジションテーブルテスト 3. 移植性テスト(別のハードウェア環境やソフトウェア環境に対して容易に移植できるか) 2. 過去に遭遇したインシデントや既知の類似した結果等、開発者のスキル、経験、知識をもとにして作る 2. レビューの効果は高い 1.

一般的な目的 1. ふさわしい人に参加してもらう 4.